歩いたら休め

なんでこんな模様をしているのですか?

【書評】insight(インサイト)を読んで、自己認識おばけから身を守ろう

すごく優秀で論理的な考え方をする人でも、自己認識(自己評価)はとんでもなくて「あいつは俺のこと嫌いだから」とか「あの人は不勉強だから」みたいな雑なレッテルを貼っていて、他の人が客観的に見るとその人のそういう態度に戸惑っているだけということ、私の周りではたまに見かけます。逆に異様に自己評価が低くて他人を羨んでいる割に、「いやお前なんも努力も工夫もしてないじゃん…」って人もいます。

自分自身がそうなってしまう場合もあって、それを気づくことはかなり難しいです。「トイレットペーパーの長い切れ端を靴の裏にくっつけたまま」、自分だけが気づかずに過ごしてしまう場合もあります。

そういう人と付き合って消耗するのも、自分自身がそうなって孤立していくのももううんざり。そういう話をしていたら友達から『insight』という本を教えてもらって、ちょうどいい内容だったので紹介します。

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力

はじめに

このブログに内容がきれいにまとまっているので読んでください。

www.il-magnifico.com

また、第一章はnoteで無料公開されています。

eijionline.com

『insight』の第1章(後半)を全文公開します。|英治出版オンライン

続きを読む

【書評】『僕らはそれに抵抗できない』を読んで、自分が良い習慣を身につけるヒントにしよう

私のようにスマホで利用するSNSやゲームなどに常習的にハマっている方も多いと思います。ふとしたときにスマホを手にとって、自分の時間が思っていたより浪費されていることを自覚してしまう…。

ただ、現代では完全にテクノロジーを排除することは難しいです。うまい付き合い方を作り上げていく必要があると思って、日々試行錯誤していると思います。

www.diamond.co.jp

友達の間で話題になっていた『僕らはそれに抵抗できない「依存症ビジネス」のつくられかた』がその観点でよくまとまっていて素晴らしい本でした。

内容の概要はこちらのブログがよくまとまっていたので、読んでみてください。私は詳しく紹介することはしません。

note.mu

僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた

僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた

続きを読む

【SageMaker】SageMakerのサンプルをローカル実行してget_execution_role関数がエラーを起こす場合の対処

休みの時間を利用して、こちらのSageMakerのサンプルを試していました。

aws.amazon.com

問題

ただ、ローカルのPC(Mac Book)から利用する場合、下のStackOverflowにある通り、エラーが出て get_execution_role 関数が使えません。

stackoverflow.com

def trained_estimator_from_hyperparams(s3_train_data, hyperparams, output_path, s3_test_data=None):
    # 中略
    knn = sagemaker.estimator.Estimator(containers[boto3.Session().region_name],
        get_execution_role(),
        train_instance_count=1,
        train_instance_type='ml.m5.2xlarge',
        output_path=output_path,
        sagemaker_session=sagemaker.Session())
    knn.set_hyperparameters(**hyperparams)
    # 後略

そもそも、ドキュメントには次のように書かれています。

次の Python コードをコピーして、ノートブックの最初のセルに貼り付けます。「Amazon SageMaker をセットアップします」で作成した S3 バケットの名前を追加し、コードを実行します。get_execution_role 関数は、ノートブックインスタンスの作成時に作成した IAM ロールを取得します。

SageMakerの利用し始めには多少混乱すると思いますが、「ノートブックインスタンス」と「トレーニンインスタンス」が別に存在して、 get_execution_role は「ノートブックインスタンスから自分のroleを取得する」ための関数です。

対処

aws.amazon.com

「オンプレミス環境から Amazon SageMaker を利用する」の記事にもある通り、単純に自前で文字列で指定すればいいだけです。

ひとまず私は、SageMakerとS3(モデルやデータの読み込みに必要)を読み込むロールを付けて直接文字列で指定しました。

def trained_estimator_from_hyperparams(s3_train_data, hyperparams, output_path, s3_test_data=None):
    # 中略
    knn = sagemaker.estimator.Estimator(containers[boto3.Session().region_name],
        "arn:aws:iam::***********:role/sagemaker-execution",
        train_instance_count=1,
        train_instance_type='ml.m5.2xlarge',
        output_path=output_path,
        sagemaker_session=sagemaker.Session())
    knn.set_hyperparameters(**hyperparams)
    # 後略

【本】『地域再生の失敗学』を読みました

度々見かけるので読んでみました。

地域再生の失敗学 (光文社新書)

地域再生の失敗学 (光文社新書)

話の内容としては、こちらのブログを読んでみてください。

blog.goo.ne.jp

野中郁次郎さんに触れている箇所

いわゆる『地方創生』の文脈以外ですが、野中郁次郎さんの話が度々出てきます。『失敗の本質』や『知識創造企業』などの本の著者です。

www.slideshare.net

第三章では、「シリコンバレーではカフェで起業家同士が相互作用する仕組みができていて、地方でもそれと似た仕組みを作る必要がある」という趣旨で触れられています。

これはたとえば、「リソース・ベースト・ビュー」という理論で説明できます。これは「企業や人が競争優位に立つには、価値があり、希少で、模倣が必要な資源をもっていないといけない」という考え方です。これからのビジネスでもっとも重要な資源は、いうまでもなく知識と情報です。『失敗の本質』でも広く知られる一橋大学名誉教授の野中郁次郎先生は、知識には「形式知」と、言語化できない「暗黙知」があり、この二つの知を相互作用させることがこれからの経営資源になるとおっしゃてています。すなわち、そのような顔を合わせることでしかつかめない「雰囲気」などに含まれる情報・暗黙知が重視されるのです。

第四章でも触れられています。

飯田 政策立案において次善策やコンティンジェンシープラン(不測の事態でのリスクを最小限に抑えた計画)の検討は必要不可欠なはずです。しかし、日本では「成功したらAを、失敗したらBを、想定外の事態の場合は……」と枝分かれになったプランをつくると、あまりいい顔をされませんよね。旧日本軍の作戦面での愚かさを描いた『失敗の本質』の共著者である野中郁次郎氏が経営学者であったことは、非常に示唆的です。軍隊も日本の組織も「日本的な思考」という点でlk腰痛していることを示していると思います。

「そんな弱腰でどうするんだ!」と。

世界はフラット化しなかった

第三章の早稲田大学の入山章栄教授の講義も面白く感じました。

www.waseda.jp

しかし、ほんの一〇年前はまるで逆の主張が流行していたことを覚えていらっしゃる方も少なくないでしょう。その典型例が、トーマス・フリードマンというジャーナリストが書いた『フラット化する世界』(日本経済新聞社、二〇〇五年。原著は二〇〇五年刊行)です。インターネットの普及や、後進国とみなされていた国々の急速な経済発展により、世界中にモノ、ヒト、カネ、情報がまんべんなく行き渡るようになり、世界は均等化していくというのがこの本の主張で、大変なベストセラーになりました。

フラット化とは全く逆の主張をしているのが、都市経済学者のリチャード・フロリダです。彼は脱工業化したアメリカの都市においては労働者の三割もあたる「クリエイティブ・クラス」がイノベーションを生み出し、クリエイティブ・クラスが集積する都市とそうでない都市で明暗が分かれると主張しています。フロリダの議論については、当初実証性に乏しいという批判が中心でしたが、近年の実感、そしてファクトとしても実際にそうなりつつあるというのは多くの都市経済学者・経営学者の同意するところではないかと思います。

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)

クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める

クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める

www.mec.co.jp

それに対して、先のリチャード・フロリダ教授は、「世界中の経済活動、特に知的活動や起業活動などは、特定の都市など狭い地域への集中が進んでいる。 すなわち世界はむしろ『スパイキー化』(ギザギザしている、という意味)しつつある」と主張しています。

私もこの意見に賛成ですし、多くの経営学者や経済地理学者も賛成なのではないでしょうか。そして、私はさらにこの傾向が加速すると思っています。なぜなら、インターネットで確かに情報は普及するのですが、逆に言えば、そのような情報は誰でも手に入れられるので、「価値がなくなる」からです。

その他

あといろいろメモ。

fujipon.hatenadiary.com

togetter.com

akiya123.hatenablog.com

【本】『日本航空の破綻と再生』を読みました

この間、稲盛和夫さんを批判している本を読んだので、今度は支持している立場の本を読みました。

日本航空の破綻と再生 (稲盛アカデミー叢書 1)

日本航空の破綻と再生 (稲盛アカデミー叢書 1)

www.minervashobo.co.jp

2010年に破綻した日本航空(JAL)。同社はなぜ破綻したのか。そして稲盛和夫氏はこれをいかに再生したのか。モノ(機材・路線)、カネ(有利子負債・キャッシュフロー)、ヒト(人件費・年金問題)に関する、8年を超える広範な調査・分析を踏まえ、歪んだ経営哲学がJALの凋落にいかなる影響を及ぼしたのか、稲盛氏がJAL再生で果たした最大の貢献とは何だったのかを明らかにする。

本の内容は、こちらの記事にあるような内容を説明しているようなものです。

www.travelvision.jp

再建にあたってJLでは、破綻に至った原因が「採算性の度外視」「大型機の大量保有」「人件費などコストが高い構造」「永続的な経済成長を前提とした経営」などであったとし、それらが「拡大主義」「イベントリスクに対する耐性の欠如」などにつながったと分析。また、「(JLの)元々の出自、政府出資の国際航空会社としての設立から我々が至ったところは、財務的規律の統制がはかれず、組織も硬直」したものであったという。

大西氏は、これらの課題に対して、組織的な構造改革と従業員の意識改革に取り組んだと説明。事業構造改革では、「イベントリスクに恒常的にさらされる」ことを前提とした「リスク耐性の強い筋肉質な財務基盤を作る」ため、赤字路線からの撤退などによる事業規模の縮小、保有機材の最適化、人員規模の削減、人件費単価の削減、年金制度の見直しを実行した。

ただ、どちらかというと西松遙さんの功労をたたえている内容で、最後の「経営者のあるべき姿」も、それまでの実証的な文体から逸れてちょっときれいにまとめようとしすぎている感じがしました。

【本】マインドフルネスの本を読みました

最近、集中力が続かなくて困っていたのでこちらのマインドフルネスの本を読んでいました。本を読んでばっかりに見えますが、ちゃんとプログラムも書いてます!

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] マインドフルネス (ハーバード・ビジネス・レビュー EIシリーズ)

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] マインドフルネス (ハーバード・ビジネス・レビュー EIシリーズ)

けっこう科学的で、また自分自身の責任を果たさずに「自分自身の問題に向き合わずに、マインドフルネスの手法でストレスから逃げる」ようなことも批判されています。

ただ、具体的な方法にはあまり書かれていなかったので、マインドフルネス提唱者のジョン・カバット・ジンの本も読んでいます。

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法

こちらもいい本なのですが、最後のほうの「心の持ち方と健康」は「え?これって実証されてんの?」って思うようなことも多少ある気がします。

【本】組み込み系のプログラミングの本を読みました

ゲームボーイプログラミングのため、ついつい組み込み系プログラミングの本を読んでしまいます。個人的には「ウォッチドッグタイマ」の概念が面白く感じました。

days-of-programming.blogspot.com

また、ハードウェア(自作カセット)も気になっているのですが、他にもっとやるべきことあるし…。まあ、暇があるときに続きをやろうと思います。

標準テキスト 組込みプログラミング 《ハードウェア基礎》

標準テキスト 組込みプログラミング 《ハードウェア基礎》

制御技術者のための組込みシステム入門

制御技術者のための組込みシステム入門

www.ishikihikui-kei.com

nagayasu-shinya.com

bombkun.com