歩いたら休め

If the implementation is easy to explain, it may be a good idea.

【メモ】『アスペルガーと知らないで結婚したらとんでもないことになりました』を読みました

偶然見かけたこちらの本を読んだのですが、個人的にはかなり面白い内容でした。

アスペルガーと知らないで結婚したらとんでもないことになりました (旦那(アキラ)さんはアスペルガー)

アスペルガーと知らないで結婚したらとんでもないことになりました (旦那(アキラ)さんはアスペルガー)

  • 作者: 野波ツナ,宮尾益知(どんぐり発達クリニック理事長)
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2017/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

特にこちらのシーンが印象的でした。(画面キャプチャを貼っているので怒られるかもしれませんが)

相手に「悪意がない」からといって、つらく無いかと言われればそうではないでしょう。特に「自分が主導権を持って意思決定しなければならない→行動に対する責任も積み重なって身動きが取れなくなる」というのもよくある光景なんじゃないかなと思います。

特に結婚相手という身近な相手だと、大きな形で軋轢が出てくるので大変だと思います。その分、そこから学ぶことも多そうですが。

当てはまる面も当てはまらない面もありますが、どんな相手でも、相手も自分自身も無理のないように工夫していくしかないと思います。

gendai.ismedia.jp